2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天童日和。

試合翌日、山形の小林監督にお話を伺える機会があり、そのときの話です。
IMG_3455.jpg すばる(以下「す」):昨日の山形の最終ラインは深かったですね。
小林監督(以下「小」):1人少なかったですからね。(山形も)ラインを高く取って、得点に結び付けたこともあるんですけどね。ただ、高田・後藤ですか(す:昨日は山崎です)。そうですか、でもいつも後半から投入するじゃないですか(思わず一緒に苦笑)。ウチのDFには絶対にウラを盗られるな、と言っていたんですよ。
す:あそこまで引かれた相手をどう崩すかが、今後のザスパの課題なのかも知れません。
小:ウルサイ中盤がいますからねぇ(共に爆笑)。ウチとしては、ああいう戦術をぶつけてみました。あとは、以前に比べて草津も強くなってきてますんで、相手もモチベーション高く臨んで来ますからね。もちろん相応に研究もしますし。
す:昨日見ていて、研究されている感、というのは非常にありました。この状況をどう破って行くかが、J1に向けての次の壁なのかも知れませんね。
小:えぇ、ウチも昨年もう一歩だったので、今年頑張っているところです。
す:今年、このレベルで戦えているのが、苦しいですが、正直嬉しいんです。
小:(大きく頷いた、ように見えた)

他にも山形サポの方が小林監督を待っていたので、お礼を申し上げて、練習会場を辞した。

試合終了の瞬間には、それなりのコストを払って山形まで出向いたにも関わらず、ミスからの失点+良いところを封じられたイライラから選手に拍手を送れなかった自分がいた。
しかし、双方が長所を潰し合う戦いでは今回みたいな試合も起こり得るのだと思う。そしてそんな苦しい戦いに敗れたときこそ、選手の側にいるのがサポーターなのではないかという気もする。

対戦相手の監督にお話を伺って自分のチーム愛を新たにする、というのも失礼な話ですが、本当に貴重をお話をありがとうございました、小林監督。次回山形との対戦を楽しみにしています。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusatsubiyori.blog4.fc2.com/tb.php/565-b4865a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Thespa☆2010

くま飼ってます。

月別アーカイブ

カテゴリー

Where are you from?


ジオターゲティング

最近のコメント

草津日和の旅びより。

カウンター

プロフィール

きくり&すばる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。