2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩の国日和。

日曜日はサテライトリーグ浦和戦@埼スタ第2ですね。

すばるは某観戦記サイトの天皇杯アローズ北陸戦担当なのですが、内容のあまりの不甲斐なさになかなかペン(キー?)も進まずにおりまして、ここで気分を変えてご当地美味いものシリーズさいたま編をお送りしたいとおもいます。

・・と言ってもピンなのですが。
お勧めするのはこちら「麺匠喜楽々(きらら)」です(スミマセン、画像がありませんでした)。埼スタからですと、電車の方は埼玉高速鉄道浦和美園駅から1駅、お車の方は頑張って東川口駅まで来ていただいて(なんじゃそりゃ)、東川口駅の南口を出て横断歩道を渡り、モスバーガーの角を武蔵野線の土手沿いに東に向かって進むこと30秒(この道路が一方通行になっていて、車ですと東川口駅方面からは入れません。迂回していただくのですが、その説明が難しい・・・)。右側にあります(なお駐車場が3台分しかないので、一杯だった場合はコインパーキングを利用することになります)。
通りから店の中の様子を伺うと、おそらく「いらっしゃいませー!」と自動ドアの向こう側から大きな声を掛けられるでしょう。ちょうど、チャレ練を見学に行って元気な声でご挨拶を受け思わず気持ちよくなってしまう、そんな感じを受けることになります。
ちなみにお子さま連れのお客さまには①お子さま用のイス ②取分け用のお椀+お子さま用の短い箸 ③取分け分のアレンジ(お子さま分はスープをぬるめor麺を柔らかめにする等)といった心配りがなされます。すばるも初めて姪っ子(4歳)を連れて行ったとき、マジで驚きました(普段行く時間帯にはお子さまはほとんどいなかったので、そういうサービスがあることを知らなかった)。ですから、お子さま連れの方でも安心しておいでいただけます。

そして自動ドアの中の自販機で食券を買うことになるのですが、以下がすばるのお勧めトップ3です。

つけ麺(冷盛がベターかな、茹で加減固め)+チータンタン+白飯(「チータンと一緒に」と注文のときに言っておく)(全部で¥900くらい)
つけ麺

最初はつけ麺を普通に食べます。ちなみにつけ麺は他のメニュー比、麺が太めで量が多めです。最近のすばるですと、正直つけ麺だけでお腹は一杯になってしまいます。しかし、つけ麺注文者だけのスペシャルオプションとしてチータンタンがオーダー出来るので、ぜひとも試しておきたいところです。
チータンタン

麺を食べ終わった段階で、スープ(のお椀)をカウンターに乗せ「チータンください」とオーダーします。そうしますと、一度スープは厨房に引き上げられ、何か新たなスープ(出汁)と玉子が加えられたところを加熱され、あっつあつの状態で戻ってきます。これを一口味わった後に白飯を投入し、おじやのようになったところをレンゲでハフハフしつつ食してください。そうしますと、(これはすばるだけかもしれませんが)最後の一口を飲み干す頃には「これを飲んでしまうと、次回また来るときまでもう食べられない」という一抹の寂しさすら感じるようになります。

濃厚タンタン麺(太麺、固め)+白飯(全部で¥1,000)
濃厚坦々麺

1日限定10杯という希少なメニュー。ラー油少なめ等のオーダーも出来ます(ただし、初めての場合、そもそものベースの量が分からないので、なかなかベストの量を把握できないのも事実ですが)。
この店は基本的に出てくるもの全てが美味いとおもっていますが、その中で1,000円近いプライスタグを下げさせているだけあって、ホントに美味しいです。てか、カネがかかっています。スープはホントに濃いです。タンタン麺のスープが濃い場合、辛くなくて甘くなるんですね。ビックリしました。付け合せのゴマを擦ったものを投入し、味わい深いタンタン麺を食してください。きっと麺が終わる頃には「もう少し食べたいな」とおもっていただけているはずです。そこで替え玉、という手ももちろんありますが、ここは白飯を投入し、味わってみてください。ご飯とタンタン麺(のスープ)がマッチして、これまたお腹に満足していただけることになるとおもいます。

喜楽々ラーメン(太麺、固め)+替え玉(全部で¥750くらい)
むさし坊(きらら)ラーメン

すばるはこれで鶏白湯スープが食べられるようになりました。本当に美味しいです。まずはスープを一口啜ってみてください。すばるはスープを口に含んだとき、思わず動きが止まりました。そして麺を口に含んでみてください。太麺+固めの面にスープが絡まり、またコシのある麺を咀嚼する度に、口一杯にお美味さが広がります。途中、塩昆布を一つまみ投入するのも一興です。スープのパンチが膨らみ、また違った味わいを楽しめること請け合いです(塩昆布は入れ過ぎに注意)。
そしてその後は、麺を食し、スープを飲み、(麺が若干少なめな実感はありますので)替え玉で新しい麺の歯ごたえを愉しみ、最後はスープを最後の一滴まで飲み干して、麺匠喜楽々のフラッグシップたる「喜楽々ラーメン」の旅が終了します。

若干浦和レッズな店な雰囲気はありますが、店員さんの態度もよく、気持ちよく利用していただけるのではないかとおもいます。
日曜日は浦和戦のあと、ザスパネイビーのユニフォームで参上してみようとおもっています。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusatsubiyori.blog4.fc2.com/tb.php/445-7d6567a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Thespa☆2010

くま飼ってます。

月別アーカイブ

カテゴリー

Where are you from?


ジオターゲティング

最近のコメント

草津日和の旅びより。

カウンター

プロフィール

きくり&すばる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。