2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野日和。

武蔵野陸上競技場での横河武蔵野対アルテ高崎に行ってきました。

チャレンジャーズチーム1期生の杉山琢也選手がアルテに移籍したことは知っていました。が、アルテはおろかザスパの試合@敷島にも行けていない状況にある我が家です。そんな中、我らが太田康介選手の所属する横河武蔵野対杉山琢也選手のアルテ高崎という、“おいしい”一戦が武蔵野@吉祥寺(厳密には逆だが・・・)にて行われるということで、昔取った杵柄とばかり、単独現地へと向かいました(妻不在のため、写真は少ないです)。
070707_05

スタジアムに入場して最初に気付いたこと。アップの声が大きい。習慣と言うかなんというか、ホントに何も考えずにスタンドに腰を下ろすと、目の前の選手が赤黒のウェアを身に纏っています。あ、そうだ。前回来たときは「アウェイ:ザスパ草津」でこっち側に陣取ったんだ。とすると、今日は逆サイドの「ホーム:横河武蔵野」側に行ってみようかな。しかし、あの真ん中で一際大きな声を出してる選手、どこかで見たような。・・・背番号10って?よーへーだ。真っ黒に日焼けして、ザスパにいたときより遙かに締まった表情で、大きな声を出してる。今日はよーへーのプレーも見られたらいいなあ。

横河武蔵野のJrユースチームの子供たちをエスコートキッズに引き連れ、選手入場。太田康介選手、杉山琢也選手、共に先発メンバーに名を連ねています。残念ながらよーへー選手はベンチスタートです。
070707_01

前半、アルテの一方的ダメダメゲームで進みます。ここまでハッキリ言ってしまうのも、(ネタばらしになりますが)後半のアルテは本当に素晴らしかったのです。前半のアルテは基本的にバラバラ。サイドウィングの杉山選手がトップ下の位置までボールを貰いに来ざるをえないなど、少なくとも分業というか、チームとしての機能というか、そういったモノが全く感じられない状態でした。
反面武蔵野はワンタッチパスを用い、また攻撃に緩急を付けるなど、見ていて非常に楽しいサッカーを展開します。相変わらず太田選手以外は区別がつかないのですが、全体として纏まっている印象を受けました。太田選手もヘディング勝負や、デンジャラスゾーンのケアなど基本的に守りの要として仕事をしています。と同時に、セットプレーではゴール前に陣取り、またパス一つとっても相手選手の嫌なスペースへ、かつ味方選手の取りやすいボールを供給します。いわゆる“意図のあるプレー”というやつです。
そんなこんなで、前半終了時は1対0で武蔵野のリード。

後半。よーへー選手IN、3トップの一角に入ります。すると、あのアルテがまるで別のチームになったかのように見違える動きを見せます。特によーへー選手の杉山選手を活かすプレーは抜群で、後半から左に入った杉山選手の突破が増えます。となると、相手方の太田選手もゴール前での守備のタスクが増えます。前半、相手CBの太田選手に自由にプレーさせていたアルテが嘘のようです。太田選手に関しては、後半は“向こう側”で必死に守る姿しか見られませんでしたが、押されっ放しのチームを鼓舞する姿勢にはリーダーの自覚を十分に感じました。そんな武蔵野がアルテの攻撃を凌ぎきり、試合終了。1対0。武蔵野の勝利。

試合後、杉山選手とお話しすることができました。
ザスパの時に応援してくれたサポーターにもっと自分のプレーを見て欲しい。高崎のスタジアムに来て欲しい、と言っていました。ごめんな、タク。
それと、チームとしてのサイドウィングの使い方について。「チャレの時の後藤/杉山コンビの雄志が忘れらんないよ」と言うすばるに、「草津のサポーターの人にはみんなそう言われるんですよね、『涼ちゃんとのコンビ良かったね』って(笑)」と言っていました。そして「ただ、チームの中で合わせなければならない部分もあるんですよ。自分の良いところと、チームの目指すサッカーをマッチさせる必要も感じてるんですよね」・・・タク、苦労はきっと報われるよ。タクの良さがチームの戦術として使われるようになれば、きっとレギュラーやその先も見えてくるよ。
その先。「俺、Jの舞台に戻りたいんですよ。俺、運は強いと思っているんで、いま頑張ればきっと道は開けるとおもうんです。年齢的にも5年後とか言ってられないとはおもうんですけど、でもとにかく今年頑張ります」よくぞ言ったぞ、タク。キミの才能からすれば今まで運は“もっと良くてもよかった”とはおもうけど、今の環境で未来に向けて頑張るキミを応援するよ。真っ黒な顔から覗く白い歯が本当に輝いて見えました。

太田選手のご家族とお話しすることもできました。康介君、頑張ってますよね。チームの核になってるじゃないですか。お母様「去年、良いチームにお世話になれたからですよ」。ザスパサポの皆さん、ここでいう“良いチーム”とは(多分にお世辞もあるとはおもいますが)ザスパ草津のことですよ。また、お母様「家に帰ってきて『食事にひじきの煮物が足りない』とか言うんですよ」。寮のバランスの取れた食事を通じ、プレーヤーとしての意識が高まっていたというお話しを聞かせてくれました。

試合後、最後の最後までストレッチをする太田・杉山両選手の姿がありました。二人とも一度はプロの世界を経験し、体をケアすることの大切さを身をもって知っているからこそ、真剣に、本当に念入りにストレッチを続けていました。
草津町のグラウンドでプロの厳しさを学んだ2人が、それぞれのチームで大きな花を咲かせてくれることを願いながら、スタジアムを後にしたのでした。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kusatsubiyori.blog4.fc2.com/tb.php/414-b19b0357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Thespa☆2010

くま飼ってます。

月別アーカイブ

カテゴリー

Where are you from?


ジオターゲティング

最近のコメント

草津日和の旅びより。

カウンター

プロフィール

きくり&すばる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。